クレーム処理・対応のコツtop  > クレーム処理体制 > 悪質クレーマーの傾向 

悪質クレーマー(モンスタークレーマ)の傾向

こちらのページで悪質なクレーマーへの対応方法を書きましたが、悪質なクレーマーはそもそもどのような態度でせまってくるのかを考えてみました。

悪質クレーマーは法律スレスレでクレームを言ってくる

悪質なクレーマーは、あることないことでクレームをつけてきます。食器が汚れている、虫が入っている、店員の態度が悪いなどなど・・・

客:「なんだこの店は!こんな汚れた食器を客に出すのか!!」
店:「申し訳ございません!すぐに新しいものと取替えさせていただきます!」

コチラが謝罪をしても「それでは足りない」とさらに謝罪を要求してきます。

客:「一口食べて汚れているのに気がついた。気分が悪くなってしまった、どうしてくれるんだ!」
店:「本当に申し訳ございません。では、お代金は結構ですのでどうぞお引取りください。」

客:「何だその態度は!俺は気分が悪くて吐きそうだ!どうしてくれるんだ!」
店:「本当に申し訳ございません。以後このようなことが内容に十分に食器を洗浄し、お客様にお出しする前にチェックするようにさせていただきますので、ご理解ください。」

スポンサーリンク

お店の場合大声で、他のお客様へ聞こえるようにクレームを言い、店側に早く事態を収めさせるように仕掛けます。 その内容は曖昧で、もちろん彼ら自身からは金品の要求はしてきません。それは法律違反だと知っているからです。

しかし安心してください。もし、悪質なクレーマーが下記のような要求をしてきたら明らかに法律違反となりますので、警察を呼ぶなどして事態を収集しましょう。

大声を張り上げる・威嚇する

上記の場合のように大声を出して周りの人を威嚇する行為は、お店への威力業務妨害に該当する可能性があります。周りのお客様へのご迷惑となりますので警察に連絡させていただきますと断固とした態度で対応しましょう。

土下座を要求

最近コンビニで土下座を強要し、それを動画投稿サイトにアップし恐喝罪で有罪判決を受けた事件もありました。土下座を教養することは強要罪に当たります。コンビニの事件の場合ささらに恐喝もしていたので恐喝罪の罪に問われています。断固とした対応をしましょう。
もし土下座して謝れ!などと言われたらすぐに警察に連絡してください。
証拠のためにも、やりとりは録音・録画しておくことをおすすめします。

誠意を見せろ!

これは明らかに金品を要求している行為と同じです。すぐに警察に連絡しましょう。

お客様は神様ばかりではありません。一度でも金品を渡してしまったりして付け入るスキを見せると、彼らは横のつながりがあるようで、更に多くの悪質クレーマーが来ると言われています。

そんな迷惑な神様は二度と近づいてこないように、悪意をもったクレーマーには断固とした態度で接してください。


 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

人気記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
悪質なクレーマーへの対応
ホスピタリティ
サイレントクレーマーが一番怖い 

クレーム対応さしすせそ(苦情処理、苦情対処)

クレーム報告書の
書き方

 

PAGE TOP