クレーム処理・対応のコツtop  > クレーム処理体制 > クレーム対策 委員会・体制作り

クレーム対策 委員会・体制作り

クレームが非常に多い会社、また、クレームが会社の経営状態を危うくするような状況に陥っている会社などは、抜本的にクレームを削減するための試みを行なう必要があります。

クレームが常態化してしまっているような場合、一部の担当者がクレームを減らそうと思っても、実現はなかなか難しいでしょう。

スポンサーリンク


クレームは一部の部門だけが関わるものよりも、各部門が関わる場合が多々ありますから、効果的なクレーム削減・クレーム処理には、全社的なバックアップが必要となります。
経営者が中心となり、各部門長などを集めて、クレーム削減・クレーム処理委員会のような組織を作ることが必要だと言えます。
メンバーは定期的にクレーム・問題点について話し合いを行ない、クレーム削減・処理に関する抜本的な対策を検討し、優先順位を決めてクレーム削減・クレーム処理に関する対策を行う必要があります。

これらの体制がしっかりと整えることができれば、会社としてクレームを減らすことに真剣となっていることが社内全体として伝わり、社内の協力体制が出来上がりますので、クレーム処理・クレームの削減はよりスムーズに進むようになります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

人気記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
悪質なクレーマーへの対応
ホスピタリティ
サイレントクレーマーが一番怖い 

クレーム対応さしすせそ(苦情処理、苦情対処)

クレーム報告書の
書き方

 

PAGE TOP