クレーム処理・対応のコツtop  > クレーム処理体制 > クレーム対応 マニュアルの作成(規定、規程、手順、方法)

クレーム対応 マニュアルの作成(規定、規程、手順、方法)

クレームをスムーズに処理するためには、クレーム対応手順を定めたクレーム対応マニュアルを作るようにしましょう。

なお、クレーム対応マニュアルには、誰が、いつ、どのように対応するのか、また、再発防止策の手順なども記載すると、良いでしょう。
マニュアルは作っただけでは、意味がありません。
“クレームをスムーズに処理し、クレームを削減できる。”ことができる、効果のあるマニュアルを作るようにしましょう。

マニュアルを覚えておけるようクレーム対応のシミュレーションを定期的に行い、スムーズに対応できるようになるでしょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

人気記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
悪質なクレーマーへの対応
ホスピタリティ
サイレントクレーマーが一番怖い 

クレーム対応さしすせそ(苦情処理、苦情対処)

クレーム報告書の
書き方

 

PAGE TOP