クレーム処理・対応のコツtop  > クレーム処理体制 > クレーム処理・苦情処理実践

クレーム処理・苦情処理実践

クレーム・苦情を確実に処理しないと、未処理のものが大量に放置されることになります。
クレーム対応マニュアルをもとに、できる限り早く対応をし、クレーム処理責任者の下、未処理のクレームを減らすことが重要です。

また、クレームをご連絡いただいたお客様へ、誠心誠意の対応を心がけましょう。クレーム処理が長引くことが予想される場合、クレームの対応状況など、随時、報告を行うようにしましょう。
なお、クレームが大きな問題になった場合、必要に応じて、経営者にも協力をしていただき、全社一丸となって問題を最小限に抑えることがポイントです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

人気記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
悪質なクレーマーへの対応
ホスピタリティ
サイレントクレーマーが一番怖い 

クレーム対応さしすせそ(苦情処理、苦情対処)

クレーム報告書の
書き方

 

PAGE TOP