クレーム処理・対応のコツtop  > クレーム処理体制 > クレームの削減

クレームの削減

クレームの数は少ない方が良いものです。

なお、クレームを減らすために、一番最適な方法は“同じクレームを二度と起さないこと”です。
そのためには、クレーム責任者の下、クレームの内容を分析し、クレームが起きた原因を追究する必要があります。原因を追究したうえで、クレーム対策を決定し、早速、実行できるものか実行するようにしましょう。

“同じ過ちを繰り返さないこと。”

これが実践できるだけで、会社経営は確実に今以上に良くなります。
経営者・幹部の方は、いつも肝に銘じていただきたい点です。

クレームはお客様の貴重なご意見だと受け止め、クレームは今後の改善のための大きな材料としてください。

もちろん悪質なクレームに対しては断固とした対応で、社員を守ることも重要です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

人気記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
悪質なクレーマーへの対応
ホスピタリティ
サイレントクレーマーが一番怖い 

クレーム対応さしすせそ(苦情処理、苦情対処)

クレーム報告書の
書き方

 

PAGE TOP